公明党市議団の主な施策と実績

「産後ケア体制強化事業」を開始

北九州市は、出産後の母子に対して、出産1か月までの検診の費用を助成し、心身のケアや育児のサポートを行う産後ケア事業につなげるなど、安心して子育てが継続できる支援体制の構築を図る「産後ケア体制強化事業」を開始しました。
公明党市議団は、核家族化や晩婚化が進み、出産後も孤立する母親が増えていることを指摘し、育児不安や孤立感を解消しなければ、うつ病や児童虐待にち流可能性があるとして「安心して子供を生み育てられるよう、産婦検診や産後ケアを含め、妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない支援体制を」と訴えてまいりました。

九州から日本を変える!人間力で、挑む。

九州公明党